障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

60歳台前半の特別支給の老齢厚生年金を受けている方が65歳になった時は、新たに老齢基礎年金と老齢厚生年金を受けることになります。この場合は「年金請求書」を提出することになります。

この「年金請求書」は、65歳になる誕生月の初め頃に年金機構から送付されてきます。はがきタイプの請求書です。 必要事項を記入して誕生月の末日までに提出します。届出が遅れると年金の受け取りが一時出来なくなります。

お客様の中には、年金が振り込まれなくなって慌てて相談に来られる人もいます。是非期日までに提出しましょう!