障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

障害年金相談、裁定請求のサポート

明日はわが身~他人ごとではありません。

誰にでも

障害によって日常生活が著しく制限を受けることは誰にでも起こりうることです。また加齢に伴って心身の変化に起因し要介護状態となり自立した日常生活を営むことが困難になることも容易に想像が出来ることです。

成年後見制度による支援

障害者と認定されることからくる暮らし-の不安、働けないことに対して社会に迷惑をかけていると思う気兼ね、就職へのあせり等複雑な気持ちが入り混じりますが、障害年金は権利です。 年金で得た収入が生活に対する余裕につながり、金銭的な面での家族-の気兼ねもなくなり、気持ちの余裕につながります。障害年金をもらってから後悔する人はいません。 『障害年金』の助けが必要となり、また認知症により『後見人』を必要とするようなことが、私たちの身の回りで実際に起きているのです。

かなりの労力が必要です。

障害年金を受給するためには、様々な条件があり決定されるまでかなりの労力を要します。こんな時にサポートできるのが、社会保険労務士の『ひらお事務所』です。 『障害者と介護』『被後見人と介護』は、密接な関係にあります。

プロのアドバイスで安心

当事務所には、高い倫理性が要求され、社会保険及び労務管理のプロとしての資格である「社会保険労務士」を有しております。  又、年金にも詳しい「年金アドバイザー」の資格を持つ所長と介護福祉士および介護士として介護の現場を経験し、専門家として「介護専門支援員(ケアマネージャー)」のライセンスおよび実績を有するスタッフがおり、皆様のサポートをさせていただきます。

障害年金相談、裁定請求のサポート

まずは電話またはメールでご相談

症状や日常の生活状態、年金の給付状況により障害年金の受給の可能性をアドバイスさせていただきます。 メールにて相談される場合はお名前、生年月日、ご住所、連絡先電話番号、傷病名、年金の加入状況、主な症状、経過等をご連絡ください。 ご依顔されるかどうかどうかは、相談の上検討されてかまいません。 障害年金をご請求される意向のある場合は面談日を決定し持っていただきたい書類等をご連絡致します。

依頼人様(またはその家族の方等)との面談および聞き取り

依頼人様等と直接お会いし、詳しく状況をお伺いします。また、障害年金の受給の可能性、今後の手続きの進め方をわかりやすくお話しします。

障害年金請求に向けての準備及び書類作成

年金記録等の確認
面談によりお伺いした初診日、保険料の納付要件を年金記録等により当事務所で確認を行い、基本的な年金受給の要件をみたしているかどうかを判断します。
受診状況等証明書の取得
初診日の証明として転院をされている場合必要となるもので、ご依頼主様に入手をお願いしております。アドバイス等サポートはさせていただきます。
診断書の取得
お聞きした内容をもとに日常生活での支障の状況、ご苦労されている点をお医者様に依頼する書類を作成します。この依顔文書と診断書様式をご依頼主様がお医者様に提出していただき診断書を入手していただきます。 ステップ4と同様にアドバイス等サポートはさせていただきます。
病歴(就労状況)申立書の作成
初診日証明、診断書が蘇ってから、今までの症状やご苦労を病歴(就労状況)申立書を当事務所で作成いたします。
戸籍などの添付書類をそろえる。
その他必要な書類をそろえます。

障害年金の請求

年金事務所(市区役所)の請求を当事務所で行います。 請求後の年金事務所からの問い合わせも当事務所で行います。

障害年金の請求

年金証書が届き初回年金が振り込まれましたら受給決定時報酬のお支払いをお願いします。