障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

65歳に達するまでに老齢年金を受け取っている人に、65歳の誕生月の初めに65歳からの受給の意思確認のはがきが届きます。  このはがきには、繰下げて老齢年金を受け取るか否かの意思表示を記しして投函することになります。

 厚生年金に加入しており、厚生年金の年金額が調整され全部または一部停止されている場合の人のお話です。 年金の受け取りを遅らせると年金額が増額されますが、その対象金額は次のとおりとなります。

65歳時の本来請求による老齢厚生年金額から在職支給停止額を差し引いた額が繰下げによる増額の対象金額となります。  従って、繰り下げても受取額が期待したほど多くない場合があります。

 自分の場合はどのようになるのか、働いている人は年金事務所で確認しましょう!