障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

10年短縮年金の請求のために年金事務所に大勢の方が来ておられますが、その中でカラ期間の確認がなされます。カラ期間には、配偶者カラ期間、学生カラ期間、海外在住のカラ期間等色々なカラ期間があります。離婚した配偶者についても該当する場合があります。

また、被保険者の加入期間について漏れている期間が見つかる場合もあります。

年金事務所に出向く場合は、カラ期間や加入期間の確認を記憶をたどりながら整理して出向くと、資格期間が300月超となり早めに年金が受給できる場合もあります。ぜひ思い出しましょう!!