障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

初診日が確認できれば、障害認定日が確定できます。障害認定日とは、障害の状態を定める日のことで、その障害の原因となった病気やケガについての初診日から1年6カ月をすぎた日、1年6カ月以内にその病気やケガが治った場合はその日」をいいます。

障害の状態が障害認定日に、障害等級表に定める等級に該当していることが要件になります。国民年金の場合は1級又は2級に該当していること、また厚生年金の場合は1級から3級の何れかに該当している必要があります。