障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

障害の原因となった病気やケガについて、初めて医師等の診療を受けた日を「初診日」といいます。同一つの病気やケガで転院した場合には、一番初めに医師の診療を受けた日が「初診日」となります。 この初診日が、国民年金の加入期間にあるのか、厚生年金保険(共済年金を含む)の被保険者であるのか等、どの制度に加入していたかによって受け取れる障害年金が異なります。また、年金受給できる対象の障害程度も異なってきます。 初診日が確定されないと障害年金は受給出来なくなります。初診日が相当昔の場合、カルテもなく医師による受診状況等申立書を入手できないと苦労することになります。その他の証拠となる書類で証明する必要があります。早めの請求対応が一番です。