障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

年金には、加齢によって生活に困った時、障害を負って生活に困った時、一家の大黒柱が無くなって生活に困った時などに年金が受けられます。その中で障害年金は、障害が生活におよぼす程度によって受給の可否が判断されます。その程度は、障害が固定された時期において障害認定基準により判定され、 その基準に達していなければなりません。

また、体調の不良により最初に医師の診断を受けた初診日においてどの制度に加入していたか?保険料はきちんと納付されていたか?によっても受給の可否が決まります。

身体的な障害、精神的な障害等によって医師の診断書も異なります。障害者手帳をお持ちの方で年金を受給されていない方も一度相談されたらどうでしょうか?