障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

障害年金を受給するためには次の要件が原則として必要になります。発症してから5年以上経って請求する場合書類をそろえることが困難になる場合があります。できるだけ早めに相談しましょう。

①年金に加入している間に初診日があること

②初診日から1年6か月経過した後に障害の程度が定められた基準以上であること

③初診日までの間に保険料が支払われていること