障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

障害年金を受けている人が老齢年金の受給権が発生すると、65歳まではどちらか一つの年金を選択すことになります。老齢年金については障害者特例という措置を受けて障害年金よりも高額になる場合があります。この場合、課税・非課税、年金生活者支援給付金、行政の福祉手当、企業年金、健康保険料、住民税、所得税、医療費等がどうなるのか把握し、収入と支出を総合的に比較して判断しないと実質手取りが減額となるとなる場合があります。少し要注意です。