障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。


生計維持していた配偶者が65歳未満の場合 、20年以上厚生年金に加入していた人に配偶者加給年金が加算されます。但しその配偶者が20年以上厚生年金に加入していて厚生年金を受給できる場合は除かれます。受給権があるにもかかわらず配偶者が厚生年金を請求しないでいる場合、加算された加給年金の返還を求められる場合があります。大きな金額を返還することになるので65歳未満の特別支給の老齢年金は速やかに手続きをしましょう!