障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

障害年金の請求で大切なことは、「初診日」「保険料の納付要件」「障害の程度」です。「障害の程度」は診断書の記載内容でおおむね決まってしまいます。
特に精神の障害の場合、日常生活の能力についても診断書に記載することになっています。短い診察時間に日常生活のことをお伝えすることはなかなか出来ません。診断書を依頼する時に日常生活の状況についても主治医の了解を得てメモとして渡すことも一つの方法です。