障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

 遺族年金をお受け取りになるためには、原則として、亡くなられた方の保険料納付済期間・保険料免除期間・合算対象期間を合算して25年以上あることが必要です。 そのため、10年以上25年未満の資格期間を有して老齢厚生年金を受けている人が亡くなっても、遺族厚生年金は請求できません。 期間を増やすために、国民年金の後納制度、任意加入制度を活用できる人は活用しましょう! 具体的な確認は年金事務所で出来ます。ぜひ年金事務所でご確認を!