障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

米国に住んでいる日本人の方が年金を受けるために請求手続きの相談に来られました。米国年金は受給してします。年金手帳は紛失し基礎年金番号もわかりません。 日本での年金加入期間は、記憶によると若い頃勤めていた会社の厚生年金に加入していた期間が60月程です。 その後、米国に渡り永住しています。年金納付期間が120月未満なので、外国に住んでいた期間を加えて120月(資格期間)を超えると、年金が去年の9月分から受け取ることが出来ます。また、資格期間が300月を超えると、過去5年分の年金を受け取ることも可能性があります。 必要な書類はいろいろありますが、入手できると請求手続きが出来ます。 ぜひ、諦めずに年金事務所で相談しましょう!