障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

公的年金である厚生年金や基礎年金は、請求書を提出してはじめて受給できますが、年金を受けることが出来ないと勘違いして請求書を出されない人がいます。そのパーターンをいくつか紹介します。

〇60歳~64歳までの間に年金を請求すると厚生年金も減額されると思って請求しない人

この厚生年金は、「特別支給の老齢厚生年金」とよばれるもので生まれ年によって支給開始年齢が異なっています。この年金は60歳から64までの間の有期の年金で、65歳前に請求しても減額されることはありません。

しかし、65歳からの基礎年金を、65歳前に繰り上げて受給すると減額されてしまいます。前述の特別支給の老齢厚生年金と混同して勘違いされる人が多く見受けられます。