障害年金、成年後見人、社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・就業規則なら、社労士ひらお事務所へお任せください。

現在の制度では、65歳以降に支払った社会保険料が年金額に上乗せされるのは、70歳になった時やその前に退職した場合は、退職時と限られています。毎月毎月社会保険料を払っていますが、毎月年金額が増えるわけではありません。今回の制度改正では毎年年金額を再計算し、その年に支払った保険料を翌年の年金に上乗せする仕組み(在職定時改定)を考えています。